中古車買取専門店ランクスは、中古車買取専門。過走行・低年式車大歓迎!高価買取、無料査定、下取り、廃車もお任せください。

お電話での無料査定・問い合わせ 0120-963-325
 HOME 買取強化車種 プロボックス
トヨタ プロボックスの高価買取は海外輸出に強いランクスにお任せください

トヨタ プロボックスを高く売るポイント

トヨタ プロボックスの中古車市場における価値

ビジネスユースでの使いやすさを徹底的に追求し、商用車として開発されたプロボックス。収納力、乗り心地、経済性、安全性などにおいてこだわって作られており、商用車市場の中では定番中の定番です。国内専用車として開発されたプロボックスですが、海外での中古車市場でも人気が高く需要があります。

トヨタ プロボックスの特徴、人気の理由

時代をリードするビジネスカーとして開発されたプロボックスにはこだわりが詰まっています。圧倒的な収納力、長時間の運転でも疲れにくい快適な乗り心地、、燃費向上による経済性、先進のセーフティテクノロジーによる高い安全性などが両立されていることが人気の秘訣といえるでしょう。

トヨタ プロボックスを高く売却するには

プロボックスは商用車として人気があるため、年式が新しめで走行距離が短い状態なら高値での取引きが期待できるでしょう。古いプロボックスをなるべく高く売りたいという場合は、少し工夫が必要です。通常、低年式車や過走行車というのは中古車市場での価値は低くなってしまいます。しかし海外では、日本の中古車は整備状態が良いため非常に人気が高く、年式が古くても走行距離が多くても「日本の自動車」ということ自体に価値が付きます。そのため、海外市場にも販路を持つ買取業者を探して査定を依頼することがポイントといえます。

トヨタ プロボックスを売却する際に重要なこと

事故歴や走行距離を正確に伝えることや、内外装をなるべく綺麗にしておくことは、プロボックスに限らずクルマを売却する上で外せないポイントです。また、商用車として長年愛用し酷使してきたケースも多いかと思いますが、その場合はエンジンの調子や不具合箇所がないか事前にチェックしておき、気になる点は査定時に相談するとよいでしょう。

10年以上の年式、10万キロ以上のプロボックスの買取

初度登録から10年以上経過してしていたり、走行距離が10万キロ以上のプロボックスの場合、廃車を考える方もいらっしゃるかもしれません。廃車にする場合、還付金などがあったとしても手数料などで結果マイナスになってしまうことも考えられます。しかし、海外へ売ることが出来る業者なら買取金額がつく可能性があります。諦める前にそのような業者に査定を依頼してみましょう。

車検切れのトヨタ プロボックス

車検が切れていてもクルマを売却するのになんら問題はありません。当然、高年式で車検が残っていた方がより高く売れます。しかし、もし買い取った業者がそのプロボックスを海外へ輸出するのであれば車検が残っていても残っていなくても関係ありません。高く売りたいがためにわざわざ車検を通しても買取金額に反映されない場合も多々ありますので、売却が決まっているなら車検を通す必要はありません。ただ、車検が切れてしばらく放置していた場合はバッテリーが上がっている可能性があります。査定を依頼する前に確認しておいた方が話がスムーズに進むでしょう。

トヨタ プロボックスの歴史

プロボックスは、2002年にトヨタ自動車から発表・発売されました。カローラバン、スプリンターバンの後継モデルであり「働く人を元気にするクルマ」をコンセプトに開発され、ビジネスユースに配慮した作りになっています。2003年には「超-低排出ガス(★★★)」認定を取得したCNG車が追加され、その後も改良を重ねてきました。2013年にワゴンモデルは販売終了となりましたが、バンモデルは2014年にマイナーチェンジされ現在に至ります。また、サクシードはプロボックスの姉妹車です。

トヨタ プロボックスの買取査定例

ランクスで実際に買取査定させていただいた査定額をご紹介します。

年式 車種名 グレード 走行距離 査定額
平成25年(2013年) プロボックスバン GL 56,000km 68万円
平成23年(2011年) プロボックスバン GL 175,000km 55万円
平成15年(2003年) プロボックスバン DX 56,000km 31万円
平成19年(2007年) プロボックスバン 37,000km 50万円
平成14年(2002年) プロボックスバン 51,000km 30万円

ランクスがトヨタ プロボックスを高く買い取れる理由

ランクスの強みは、独自の販売ネットワークとコスト管理にあります。国内、海外における提携パートナーとの間に強固な流通ルートを構築してきました。また、無駄な店舗や在庫を抱えない、無駄な中間業者は通さない、など徹底的に無駄を配したコスト管理を行なっており、薄利多売によって利益を出すことで高価買取を実現しています。

多彩な販売ルート + コストの徹底管理 + 独自の物流網

その車、使いたい人が待っています。

あなたの常識、日本の常識で、廃車となるような車でも、 ベトナム・ミャンマー・カンボジアなど、新興国ではまだまだ役立つことができる車が沢山あります。 特に日本車はその耐久性や性能の良さから、傷や故障があっても修理して長く利用されています。 海外でまだまだ価値のある、あなたのお車を新興国へ!



オンライン査定フォーム

マークは必須項目です。

お車情報
メーカー
例)トヨタ
車種名
例)ハイエース
年式 走行距離
シフト 型式
例) GE-RZH102V
お客様情報
お名前 (カナ)
例) スズキ タロウ
電話番号
例) 080-0123-4567
メールアドレス
例) satei@sample.ne.jp
都道府県

↑クリックすると確認画面が表示されます。