中古車買取専門店ランクスは、中古車買取専門。過走行・低年式車大歓迎!高価買取、無料査定、下取り、廃車もお任せください。

お電話での無料査定・問い合わせ 0120-963-325
 HOME 買取強化車種 ハイラックス
トヨタ ハイラックスの高価買取は海外輸出に強いランクスにお任せください

トヨタ ハイラックスを高く売るポイント

トヨタ ハイラックスの中古車市場における価値

ハイラックスはトヨタが生産販売しているピックアップトラックです。耐久性に非常に優れていることから、日本国内のみならずアジアやアフリカをはじめ世界中で愛用され人気を集めています。また、性能の高さや昔ながらのスタイルにも定評があり、中古車市場では安定した人気を保っている車種といえます。特に高年式の車は、より高値での買取が期待できるでしょう。

トヨタ ハイラックスの特徴と人気の理由

ハイラックスが人気となっている理由の一つは、なんといってもその耐久性でしょう。イギリスのテレビ番組でハイラックスの耐久実験が行われ、耐久力や汎用性について高い評価を得ました。また、見た目のワイルドなカッコよさも人気の要因です。ハイラックスという車名の由来でもある通り、トラックなのに乗用車なみの豪華さ・高級感を持っているのが特徴です。

トヨタ ハイラックスを高く売却するには

ハイラックスは国内販売が終了していますが、国内に根強いファンが存在していること、海外でのニーズが高いことから、高値での売却が期待出来ます。より高く売却したいのであれば、ハイラックスの買取に力を入れていたり、海外輸出を行なっている買取業者を探すのがポイントです。そのような業者はハイラックスを求める顧客を抱えていることが多く、より高い価値を見出してもらえるでしょう。

トヨタ ハイラックスを売却する際に重要なこと

ハイラックスをできるだけ高値で売却したいのであれば、洗車や室内掃除を行うことをおすすめします。どうしても年式は古くなりますので、見た目への気配りが自ずと査定額に反映されやすいといえます。また、売却時にはノーマルの状態の方が、査定も高くなる傾向にあります。ただし希少なオプションパーツが付属している場合には、取り外す前に問合せましょう。逆に査定額アップに繋がるかもしれません。

10年以上の年式、10万キロ以上のハイラックスの買取

10年以上におよぶ年式、あるいは10万キロ超の走行距離の場合、中には買取を敬遠する業者もあるでしょう。特にハイラックスは生産終了車です。年月や用途を考えると、買取を諦めてしまう人も多いかもしれません。しかし生産終了車だからこそ、ハイラックスを購入したい人は中古車を待つしかありません。特に販売ルートが多岐にわたる業者ならば、買い取ってもらえる可能性は高まるはずです。

車検切れのトヨタ イラックスの売却

ハイラックスはその耐久性から、国内のみならず広く世界で人気の高い車です。特に道路の整備されていない国々ではかなり需要があるため、車検の関係ない海外で販路を確立している業者ならば、車検切れは気にしません。

トヨタ ハイラックスの歴史

ハイラックスは、1968年に初代が登場し、トヨタ車ではあるものの、設計と製造は日野自動車主導で行われました。1997年に発表された6代目では、乗用仕様にはスポーツピックアップという名前が付けられアウトドア派から絶大の支持を得ました。ハイラックスはハイラックスサーフの土台にもなりましたが、日本メーカーが国内向けに生産・販売したピックアップトラックとしては最後の車種となってしまいました。国内ではハイラックスが2004年に、ハイラックスサーフが2009年に販売を終了していますが、新興諸国など海外市場では現在も販売され多くの人々に愛用されています。

トヨタ ハイラックスの買取査定例

ランクスで実際に買取査定させていただいた査定額をご紹介します。

年式 車種名 グレード 走行距離 査定額
平成9年(1997年) ハイラックス SSR-X 178,000km 82万円
平成16年(2004年) ハイラックス Wキャブ 150,000km 140万円
平成10年(1998年) ハイラックス Wキャブ 302,000km 78万円
平成14年(2002年) ハイラックス 41,000km 46万円
平成8年(1996年) ハイラックス ロング スーパーDX 80,000km 50万円

ランクスがトヨタ ハイラックスを高く買い取れる理由

独自のネットワークにより、国内外を問わずベストな販路を選択しています。海外輸出、オークション、直接バイヤー交渉など多岐に渡る流通ルートから最善の販売先を探すことで、一般的な相場よりも高値でハイラックスを買い取ることが可能となっています。また、ランクスは無駄な店舗展開を行わず、無駄な中間業者も通しません。できる限りコストを抑えることで高値での買取を実現しています。

多彩な販売ルート + コストの徹底管理 + 独自の物流網

その車、使いたい人が待っています。

あなたの常識、日本の常識で、廃車となるような車でも、 ベトナム・ミャンマー・カンボジアなど、新興国ではまだまだ役立つことができる車が沢山あります。 特に日本車はその耐久性や性能の良さから、傷や故障があっても修理して長く利用されています。 海外でまだまだ価値のある、あなたのお車を新興国へ!



オンライン査定フォーム

マークは必須項目です。

お車情報
メーカー
例)トヨタ
車種名
例)ハイエース
年式 走行距離
シフト 型式
例) GE-RZH102V
お客様情報
お名前 (カナ)
例) スズキ タロウ
電話番号
例) 080-0123-4567
メールアドレス
例) satei@sample.ne.jp
都道府県

↑クリックすると確認画面が表示されます。